« 2010年3月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年5月

2010年5月15日 (土)

れん帰還。

昨日は結局あんを連れて実家に泊まった。
あんは最初場所見知りをしていたが、赤ちゃんの頃一度来た事を思い出したのか
だんだんと馴れて来て、1時間後にはすっかり実家に馴染んでいた。
そう、翌朝障子に張り付く程に。
母はお転婆娘のおかげでまた寝不足だわ。

自宅に戻ってすぐ、れんの病院から連絡があった。
今朝も元気で朝食は完食。
肝臓の数値は、まだ平常値ではないが先日計った時よりずっと下がっており
このまま薬を飲んで安静にしていれば、自然に下がるであろうとのこと。
今日午後に退院できますよ、と。

やったーーーーーーーー!!!
よかったぁ。嬉しい!
ここ数日何をしててもれんの事故のことばかり考えてしまい
れんの居ないサークルを見ては涙ぐんだりしていたのだが、
やっとそんな生活ともおさらばだわ!
あんもそんな人間の暗い精神状態やれんの不在に気付いて少し不安そうだったのだが
こちらが元気を取り戻したのを見て嬉しそうに一人運動会を始めてた。

昼過ぎ、れんを迎えに行くと受付の奥かられんが出て来た。
こちらに気付いてものすごい笑顔になり、
病み上がりだというのに看護士さんを引っ張って走って出て来てくれた。
周りのワンさんたちがお行儀良く順番を待っている中
れんは一人大興奮で号泣してはしゃいでいた。

3日間の入院はそりゃあ高かったけれど、
れんの元気な姿を見る為なら、安いもんさ。

家に帰るとあんちゃんがお出迎えしてくれた。
いつもの愛情たっぷりのハグに、キスの嵐。
熱烈です。

れんはさすがに疲れたのか、すぐにネンネ。
そんな兄を見てあんもネンネ。

こんな幸せが、あとちょっと何かがズレていたら無くなっていたかもしれない。
穏やかに寝こける兄妹を見て、ちょっとうるっときてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月14日 (金)

病院にて

病院にて
病院にて
れんの面会に来てみた。
すげ元気!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

血液検査

朝、れんが入院している病院から連絡があった。

昨夜はぐっすり寝て、今は比較的元気にしている。
トイレもちゃんとしてるし普通に歩いてもいる。

血液検査の結果肝臓の値がかなり高いが
肝臓は打撲により一番影響を受け易い臓器であり、
点滴で治る場合が殆どなので点滴して様子を見るとのこと。
これから朝ゴハンをあげるので、食欲も含め注意して看ておきます、と。

やはり身体を打っていたんだ、と思いすごく心配になった。
最初は明日退院しようかと思っていたのだが、
肝臓の数値が高いのでもう少し入院した方がいいかもしれない。

病院の面会時間が10時〜17時なので今日は行けなかったのだが
明日は会社早退して行こう。
あんもれんのことが心配みたいで、れんの部屋を何度も覗いていた。

明日からパパは出張。
一人で居ると不安になるし、あんを連れて実家にでも帰ろうかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月12日 (水)

交通事故

れんが交通事故にあった。
今は検査入院中だ。


夜会社から帰った後、いつものように散歩に出掛けた。
マンションの廊下やエレベーター内は抱っこをしなくてはいけないのだが
今日はれんが早く下に降りたかったらしく
お腹や腰を蹴られて、こちらも早くれんを下に下ろしたかった。
いつもは腕にリードの輪を通しているのだが、それも外れていた。
で、地面にれんを下ろしてリードを掴もうとした途端、
れんは一目散に片道4車線の大通りに向かって走り出した。


こちらも全力疾走でれんを追いかけ、大通りを車が走る中駆け抜けて行くれんを見たが
車が走り抜ける中飛び出す勇気はなく、信号が変わるまで立ち尽くすことに。
信号が変わり急いで分離帯の植え込みを探したがなかなか見つからず、
それから20分程探しまわった後にれんの泣き声が聞こえた。
注射の時みたいな、痛い時のあの泣き方。
急いで声のする方に駆けつけると、トラックが停まっていて
運転手の方がおろおろしていて、脇でれんがしゃがみこんで泣き叫んでいた。
驚いて「れん!」と叫びながら駆け寄ると、私の形相が恐ろしかったのか
れんは泣きながらまた逃げ出し、それを追いかける為トラックの運転手さんには
詳しい話を聞く事が出来ないままになってしまった。


逃げるれんを追いかけて、4人の大学生の男の子たちが一緒に追いかけてくれ
横断歩道の真ん中で取り押さえてくれた。
見ると口から血がこぼれ、がくがく震えている。
手にも血が付いていて、咳をしている。
すごく怖くて、こちらも震えてパニックになりながらも
かかりつけのお医者さんに電話をして来て頂く事にした。
男の子たちに付き添ってもらい一緒に横断歩道を渡り
お医者さんの到着を待っていると、れんがいつも挨拶をする
大好きなバイク屋さんのお父さんが心配して近づいて来てくれた。
そして事情を聞いて、娘さんが動物病院まで車を出してくれる事になった。
ガソリンスタンドの店員さんたちも心配して来てくれて
震えているれんと私を励ましてくれた。


色んな人に見守られている内に、かかりつけの病院の院長先生が来てくれた。
今日は往診用の車が無かったので走って来てくれたとのこと。
バスタオルや鎮静剤など、荷物を沢山抱えて来てくださった。
先生を見てほっとしたのかまた泣き出し先生の手を舐めるれんを見て、
「目もしっかりしてるし、ちゃんと歩けるし、多分大丈夫だと思う。
でも内蔵を打っているかもしれないから念の為24時間診察している
大きい病院に行った方がいい」
と先生から言われ、バイク屋さんのお姉さんに送ってもらい大きい病院に行った。


車の後部座席に院長先生がくれたバスタオルを敷き
その上に私が座り、膝にれんを乗せた。
内蔵がやられてるかも、と思うと抱くのも怖かったが、
一旦抱きかかえるとおとなしくなった。
車の中でれんは泣いたり伏せをしたりしていたが、
どんな姿勢を取られても不安で仕方なかった。
血の匂いもしてきて、病院への道のりがものすごく遠く感じた。


病院へ行くと、電話を前もって入れておいた為
看護士さんがすぐにれんを引き取り検査をしてくれた。
暫く待って検査結果をお医者さんから聞いた。
レントゲンの結果、骨と内蔵は異常がないとのこと。
明日血液検査をするので、とりあえずは入院、とのことだった。


よかった。。。
口から出ていた血は、舌の先を怪我した為だった。
がくがく震えていたのは怖かったから。
咳に関しては原因は分からないし、今も出ているようだ。
明朝容態を電話で報告してもらう約束をし、病院を出た。
お姉さんはずっと待っていてくれて、マンションの下まで私を送ってくれて
励ましてくれた。


まだ大丈夫とは言い切れないし、数日経ってから障害が現れる可能性もあるが
交通事故でトラックにぶつかったのに酷いケガをしなかったのは
不幸中の幸いだったと思う。
ものすごく心配ではあるが平常心を自分が保っていられるのは
れんを一緒に追いかけてくれた男の子たち、
電話で駆けつけてくれた院長先生、
心配して車を出すと言ってくれたバイク屋のお父さん、
病院まで一緒に行ってくれてずっと付き添ってくれたお姉さん、
みなさんのおかげだ。


交差点で院長先生の到着を待っている間にも
ガソリンスタンドの店員さんや犬の散歩中の方に声を掛けて頂き、
れんは本当に多くの人たちに愛されていると思った。


れん、キミはみんなに愛されてるんだから、
早く元気になって退院しておいでね。
明日の血液検査の結果が異常ありませんように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

GW2日目

昨日れんをドッグランでくたくたにさせて今朝はしっかり寝ようと目論んだ
ヒトの淡い期待をぶち壊してくれたのはもう1人のお方。
あんさん。

朝4時頃、ドドーン!とものすごい騒音に飛び起きると
そこには障子に張り付く巨大トカゲ愛猫の姿が。
しかも障子に穴を開けてその穴を拡大しようとしていやがる。
朝の4時に。

とりあえず張り付くネコを障子から引き剥がし、朝食を与えてもう一眠り。
しようと思ったら、ドドーン!バリっ!
くそー、朝食をパクついてご満悦だったのでもう大丈夫と思ったのが甘かった。
彼女の求める物が分からずとりあえずドアの外に追い出して、もう一眠り。
出来たのは何分くらいだったんだろう。
またまたドドーン!の音に起こされた。
おそらくトイレに起きたお父さんかお母さんに「追い出されたのぉー」と泣きついて
開けてもらったんだろう。

嗚呼、育児って大変。と泣きそうになりながら呆然と愛猫を見つめると
あんは昨日の疲れから爆睡しているであろうれんのクレートに登り、
クレートにカーテン代わりに掛けているバスタオルを引き剥がして
「起きて!朝よ!」とれんに向けてネコパンチを繰り広げだした。
早朝からの妹からの酷い仕打ちにれんも泣き出し、とうとう全員起きだす羽目に。

この「全員を起こす」というのがあんの目的だったらしく、
みんなが半泣きで起きだした後には落ち着いて
それどころか「早起きしたから眠くなっちゃったぁ」とうたた寝を始める始末。


悪行の限りを尽くした悪ガキなんだけど、寝顔は天使だわ。

この後れんをドッグランに連れて行きへとへとにさせ、

ヒトはお昼ゴハンがてら近所へ観光に行った。

最近町興しをしようとしているのか、「蔵の町」として観光スポットになっている川には
こいのぼりが沢山飾られ、舟も出ていて観光客がひしめいていた。


こいのぼりが川の先までずぅっと飾られゆらゆらとたなびく様はなかなか見事で
川下りの舟もいい味を出しており(混雑の為乗る事が出来なかった)
町興し大成功じゃん!って感じだった。
京都みたい。
パパだけじゃなくお父さんお母さんも驚いてたから最近始めたのかもしれないけどね。

家に帰ってからバーベキューの準備。
お父さんが買っておいてくれたテントを張って、

ビールをちびちびやりながら火をおこす。


れんはまたドッグランを警備し


あんは嫉妬の目でれんの姿を追う。


れんばっかりずるいの!

あんは以前より寂しがりになったようで、一人家の中で留守番しているのが
耐えきれないらしく窓辺でずっとこちらを眺めて大声で泣いたり
家の中に忘れ物を取りに戻ったら号泣しながら後追いして
また外に出ようとするのを阻止しようとしたりで
ちょっと可哀想になってしまった。
でも外に出すと癖になるからねぇ。ごめんね。


日が沈もうとする頃バーベキュー開始。

今回のヒット商品はこちら↓

トマトのベーコン巻き。
れんあん家の近所の串焼き屋で感動した一品のパクリ。
とろけた熱々のトマトがベーコンの油と混ざり合い、たまらんです。

そんなこんなで夜は更けてゆき、

バーベキュー終了して家に戻る頃にはれんは沈没。


ご機嫌ななめなあん様の機嫌を取るべくれんが寝ている間にオヤツをあげたり
やたら話し掛けたりお風呂に誘ったりしてみた。

れんもあんも夜あんまり寝かさないように気をつけたつもりなんだけど、
明日の朝こそしっかり寝る事が出来るのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

GW初日

GW、れんあん家は毎度のパパ実家へ行った。
れんは先日作ってもらったドッグランに早速お出掛けして大はしゃぎ。


ウォーリーを探せ状態。
うずまき柴尾が見える。


さやえんどうの花を見て春の訪れを感じたり


置いてあったジャガイモを観察したり。
(このあとかぶりついたので取り上げた)


そして毎度のことながら、バテた。

この日は朝から晩までこのドッグランで走る→バテるをリフレイン。
しめしめ、これで明日は早起き出来まい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年7月 »