2010年8月26日 (木)

かぞくがふえました

れんとあんに弟が出来た。

今度はヒト科、ニホンジン。

大家族だなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月22日 (日)

あちちち

あまりの暑さでれんの毛が抜けて抜けて大変なことに。
特に今年は徐々に暑くなったのではなく
いきなり暑くなったので未だに冬毛が残っていたり。

で、久しぶりにブラッシング。


もっさり

このかつてれんだった物をヅラにしてみたりして


アフロっぽくてかわいー♪


やめるお!虐待だお!

いやぁ、抜けるね。
グルーミングさぼっててごめんよ。
まだまだ夏は続きそうなので、またブラッシングしようね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 1日 (日)

夏休み2日目

朝から相撲を取っていた二人。
気付けば仲良く倒れていた。

暑いからねー。相撲も疲れるよね。

なんかすっごい怠そうなんですけど。

ふと目を離すとあんが両親の布団の真ん中で爆睡していたりして


その隙にまたれんは外に出てみたりして

あまりの暑さにすぐ疲れてみたりして

はっと気付くと置いてけぼりを食ったあんが激怒してたりする。

そんなゆるりとした夏休み。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月31日 (土)

夏休み

ちょっと早めの夏休み。
今回はお盆がちょっとバタつきそうな感じなので
早めにパパ実家に帰省した。


うほーい♪

はしゃぎすぎてれんはすぐに泥んこに。

あんは皆が外に出てる時間が大嫌いみたいで
家の中から大声で泣いてて可哀想。。

でもあんちゃん、こないだプチ家出したばっかりだしね。
我慢しておくれ。

それにしてもお父さんの畑、すごい。


こんな立派なメロンまで出来ていて、


スイカも大きくて甘い!(上に乗ってるのはブルーベリー)


甘党れんもご相伴に預かりました。

夏野菜もたっぷり。
どれも新鮮で味の濃いものばかり。
野菜が美味しくて、ここに居ると自然と健康的な食生活が送れそうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月22日 (木)

鍵っ子卒業

先週金曜で母が退職した為、うちの子らも鍵っ子卒業。
平日の昼間、子供たちは何をしているのかと思ったら


ぐったり


ぐったり


ぐったり。。。

そうよね。留守番の間は寝るしかないよね。
暑さのせいもあるだろうが、彼らの睡眠時間の長さに今更ながら驚き。
土日は頑張って起きてるんだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月21日 (水)

迷子の子猫ちゃん

昨夜23時半頃のこと。
翌朝早起きしなくてはいけなかったので早めに寝ようと思い
戸締まりをしようとれんの部屋の窓を見ると、

全開。。。

風通しを良くする為にここ最近は網戸しかしておらず
そこから見えるマンションの廊下を眺めるのがあんのお気に入りとなっていた。

ちゃんと閉めておいたはずの網戸が何故全開?とか
そう言えば晩ご飯の頃からあんを見かけてないとか
最後にあんを見たのいつだっけ?とか
もうとにかくパニック状態になり、家中を捜しまわったが見つからない。
これは外に出てしまったに違いない、とゴハンを持って
マンションの全ての階の廊下中を捜し回り
もしかしたら下に降りてしまったのではないかとマンションの下も捜し
管理室に届けられていないか問い合わせ
でも見つからない。

もう半泣きで、寝るに寝られず近所を捜すが居ない。。
2時前まで粘ったが見つからず家に戻り、玄関のドアを開けっ放しにしてカリカリを置き
窓も全開にしてカリカリを置いてあんが戻ってくるのを祈りながらとりあえず寝ることにした。

翌朝。5時に目が覚めた。
あんはおらず。。。
玄関や窓にあるカリカリも減っていない。
早くポスター作って、色んなところに連絡しなくちゃ。
あぁ、ケイさんにどう言えばいいんだろう。
クラクラしながら、人通りの少ない内にもう一度捜しに行くことにした。

あんを呼びながら1階1階廊下を捜した。
と、我が家の3階下の家のクーラーの室外機の裏を何気なく見た時、
そこには見慣れた三毛の姿が!
うずくまったまま固まって動けない三毛の姿が!!
こちらを見上げて半泣きになっている不安そうな三毛の姿が!!!
もうね、ほっとしてあんを抱きかかえながら大泣きしました。。。

よかったぁ。
あんを連れて家に戻ると普段はまだ寝ているれんが起きていて
かなり高めなテンションであんの帰還を祝ってくれた。
昨夜からヒトの雰囲気がおかしいことを感じてたんだろうな。

本猫は全く反省しておらず、朝食を普段の倍量平らげた後ずっとお喋り。
興奮冷めやらず、といった感じで
「あのねっ、こんなことしたの!」「でね、でね!」「聞いて!」ってひたすら喋り
1時間程して喋り疲れて、泥のように眠りこけた。


さ、寂しくなんかなかったんだからっ。

それにしても、何で網戸全開だったんだろ。
あんが自分で開けたのか、外を通った人が開けたのか、怪奇現象か分からないが
とにかく気持ち悪いしもうこんな思いをするのは嫌だったので
近くのホームセンターに行き、早速網戸ストッパーなるものを購入。
ふふふ。これで開けられまい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月15日 (土)

れん帰還。

昨日は結局あんを連れて実家に泊まった。
あんは最初場所見知りをしていたが、赤ちゃんの頃一度来た事を思い出したのか
だんだんと馴れて来て、1時間後にはすっかり実家に馴染んでいた。
そう、翌朝障子に張り付く程に。
母はお転婆娘のおかげでまた寝不足だわ。

自宅に戻ってすぐ、れんの病院から連絡があった。
今朝も元気で朝食は完食。
肝臓の数値は、まだ平常値ではないが先日計った時よりずっと下がっており
このまま薬を飲んで安静にしていれば、自然に下がるであろうとのこと。
今日午後に退院できますよ、と。

やったーーーーーーーー!!!
よかったぁ。嬉しい!
ここ数日何をしててもれんの事故のことばかり考えてしまい
れんの居ないサークルを見ては涙ぐんだりしていたのだが、
やっとそんな生活ともおさらばだわ!
あんもそんな人間の暗い精神状態やれんの不在に気付いて少し不安そうだったのだが
こちらが元気を取り戻したのを見て嬉しそうに一人運動会を始めてた。

昼過ぎ、れんを迎えに行くと受付の奥かられんが出て来た。
こちらに気付いてものすごい笑顔になり、
病み上がりだというのに看護士さんを引っ張って走って出て来てくれた。
周りのワンさんたちがお行儀良く順番を待っている中
れんは一人大興奮で号泣してはしゃいでいた。

3日間の入院はそりゃあ高かったけれど、
れんの元気な姿を見る為なら、安いもんさ。

家に帰るとあんちゃんがお出迎えしてくれた。
いつもの愛情たっぷりのハグに、キスの嵐。
熱烈です。

れんはさすがに疲れたのか、すぐにネンネ。
そんな兄を見てあんもネンネ。

こんな幸せが、あとちょっと何かがズレていたら無くなっていたかもしれない。
穏やかに寝こける兄妹を見て、ちょっとうるっときてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月14日 (金)

病院にて

病院にて
病院にて
れんの面会に来てみた。
すげ元気!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

血液検査

朝、れんが入院している病院から連絡があった。

昨夜はぐっすり寝て、今は比較的元気にしている。
トイレもちゃんとしてるし普通に歩いてもいる。

血液検査の結果肝臓の値がかなり高いが
肝臓は打撲により一番影響を受け易い臓器であり、
点滴で治る場合が殆どなので点滴して様子を見るとのこと。
これから朝ゴハンをあげるので、食欲も含め注意して看ておきます、と。

やはり身体を打っていたんだ、と思いすごく心配になった。
最初は明日退院しようかと思っていたのだが、
肝臓の数値が高いのでもう少し入院した方がいいかもしれない。

病院の面会時間が10時〜17時なので今日は行けなかったのだが
明日は会社早退して行こう。
あんもれんのことが心配みたいで、れんの部屋を何度も覗いていた。

明日からパパは出張。
一人で居ると不安になるし、あんを連れて実家にでも帰ろうかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月12日 (水)

交通事故

れんが交通事故にあった。
今は検査入院中だ。


夜会社から帰った後、いつものように散歩に出掛けた。
マンションの廊下やエレベーター内は抱っこをしなくてはいけないのだが
今日はれんが早く下に降りたかったらしく
お腹や腰を蹴られて、こちらも早くれんを下に下ろしたかった。
いつもは腕にリードの輪を通しているのだが、それも外れていた。
で、地面にれんを下ろしてリードを掴もうとした途端、
れんは一目散に片道4車線の大通りに向かって走り出した。


こちらも全力疾走でれんを追いかけ、大通りを車が走る中駆け抜けて行くれんを見たが
車が走り抜ける中飛び出す勇気はなく、信号が変わるまで立ち尽くすことに。
信号が変わり急いで分離帯の植え込みを探したがなかなか見つからず、
それから20分程探しまわった後にれんの泣き声が聞こえた。
注射の時みたいな、痛い時のあの泣き方。
急いで声のする方に駆けつけると、トラックが停まっていて
運転手の方がおろおろしていて、脇でれんがしゃがみこんで泣き叫んでいた。
驚いて「れん!」と叫びながら駆け寄ると、私の形相が恐ろしかったのか
れんは泣きながらまた逃げ出し、それを追いかける為トラックの運転手さんには
詳しい話を聞く事が出来ないままになってしまった。


逃げるれんを追いかけて、4人の大学生の男の子たちが一緒に追いかけてくれ
横断歩道の真ん中で取り押さえてくれた。
見ると口から血がこぼれ、がくがく震えている。
手にも血が付いていて、咳をしている。
すごく怖くて、こちらも震えてパニックになりながらも
かかりつけのお医者さんに電話をして来て頂く事にした。
男の子たちに付き添ってもらい一緒に横断歩道を渡り
お医者さんの到着を待っていると、れんがいつも挨拶をする
大好きなバイク屋さんのお父さんが心配して近づいて来てくれた。
そして事情を聞いて、娘さんが動物病院まで車を出してくれる事になった。
ガソリンスタンドの店員さんたちも心配して来てくれて
震えているれんと私を励ましてくれた。


色んな人に見守られている内に、かかりつけの病院の院長先生が来てくれた。
今日は往診用の車が無かったので走って来てくれたとのこと。
バスタオルや鎮静剤など、荷物を沢山抱えて来てくださった。
先生を見てほっとしたのかまた泣き出し先生の手を舐めるれんを見て、
「目もしっかりしてるし、ちゃんと歩けるし、多分大丈夫だと思う。
でも内蔵を打っているかもしれないから念の為24時間診察している
大きい病院に行った方がいい」
と先生から言われ、バイク屋さんのお姉さんに送ってもらい大きい病院に行った。


車の後部座席に院長先生がくれたバスタオルを敷き
その上に私が座り、膝にれんを乗せた。
内蔵がやられてるかも、と思うと抱くのも怖かったが、
一旦抱きかかえるとおとなしくなった。
車の中でれんは泣いたり伏せをしたりしていたが、
どんな姿勢を取られても不安で仕方なかった。
血の匂いもしてきて、病院への道のりがものすごく遠く感じた。


病院へ行くと、電話を前もって入れておいた為
看護士さんがすぐにれんを引き取り検査をしてくれた。
暫く待って検査結果をお医者さんから聞いた。
レントゲンの結果、骨と内蔵は異常がないとのこと。
明日血液検査をするので、とりあえずは入院、とのことだった。


よかった。。。
口から出ていた血は、舌の先を怪我した為だった。
がくがく震えていたのは怖かったから。
咳に関しては原因は分からないし、今も出ているようだ。
明朝容態を電話で報告してもらう約束をし、病院を出た。
お姉さんはずっと待っていてくれて、マンションの下まで私を送ってくれて
励ましてくれた。


まだ大丈夫とは言い切れないし、数日経ってから障害が現れる可能性もあるが
交通事故でトラックにぶつかったのに酷いケガをしなかったのは
不幸中の幸いだったと思う。
ものすごく心配ではあるが平常心を自分が保っていられるのは
れんを一緒に追いかけてくれた男の子たち、
電話で駆けつけてくれた院長先生、
心配して車を出すと言ってくれたバイク屋のお父さん、
病院まで一緒に行ってくれてずっと付き添ってくれたお姉さん、
みなさんのおかげだ。


交差点で院長先生の到着を待っている間にも
ガソリンスタンドの店員さんや犬の散歩中の方に声を掛けて頂き、
れんは本当に多くの人たちに愛されていると思った。


れん、キミはみんなに愛されてるんだから、
早く元気になって退院しておいでね。
明日の血液検査の結果が異常ありませんように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«GW2日目